Unityでパソコンゲームを作っている

私はUnityというソフトウェアを毎日触っています。

Unityは元々は3Dゲーム開発のためにものでしたが、今は2DゲームはもちろんVR、映像、あと実務的なソフトウェアのUIもこなすとても便利な存在になりました。そんなUnityを私が使うのは3Dのパソコンゲームを作るためで、そのゲームでお金を得られたらいいなと思っています。まずは無料公開し反応を見ながら改良していずれSteamという世界一のパソコンゲームのプラットフォームで販売することが目標です。

そこではゲーム会社のハイクオリティーなゲームが日々売られているため私のような個人制作で儲けを出すのは大変だと思いますが、個人制作であるがゆえにできること、小回りの利いたことなどを駆使して儲けてやろうと考えています。
現在はまだ無料公開できるレベルでさえなく、主人公と仲間のキャラクターを動かし、その仲間のキャラクターに指示を出すことしかできません。

これから主人公と仲間、敵にHPを設定し攻撃によってそれらが増減するようにもしないといけませんし、敵の出現や消失、ゲームオーバーやマップのデザインなどやることがたくさんあって大変なのでした。とてもすぐに公開できるレベルまで持って行けませんが、今年中にきちんと形にして発表したいと思っています。

そしてこのUnityですが、Rigidbodyというシステムがあり、そのおかげで物理計算をこちらでしなくても重量を生み出してくれるのが便利です。それがないと単に落ちるだけのところでも複雑な計算をしなくてはいけません。

あとメカニムというシステムがあり、それはアニメーションを管理したりHumanoidのアニメーションを同じHumanoidのオブジェクトなら使えるようにしてくれるのが便利です。

そしてUnityで忘れてはいけないのはアセットストアの存在で、それはゲームの素材を売買できるネットショップのようなサービスで、無料のオブジェクト、SE、アニメーション、環境構築ツールなどもあります。その無料で使えるものだけでもそれなりのゲームが作れて便利なのですが、もちろん有料だともっと凄いものが作れるので少しずつ買い集めています。

あといずれは私もそこで素材を販売したいと思っており、現在は3DCGのソフトウェアでコツコツとオブジェクトを作っているのでした。それもまだまだ時間がかかりそうなのでせめて今年中にはゲームとアセット、どちらも発表したいと思っています。

プランテルを使ってみた

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です