テレビの魅力を再認識した夜

今の時代多くの若者はテレビ離れが顕著で、それに影響されてか少しづつ魅力あるテレビ番組も減ってきているのでは?と感じている人の声をよく耳にしたりするようになりました。
例えば視聴率を気にしすぎるばかりに視聴者受けの良いタレントだけを起用する傾向が強くて、どの局も同じような構成になってしまったり、チャンネルを変えても同じタレントがMCを務めていていったいどんな工夫をして番組を作ろうとしているのかよく伝わらない、なんてことは頻繁です。

だからと言って私自身やっぱりテレビが好きで、どんなにつまらなくても何か期待して観てしまうのですが、先日のある休みの日のんびりと昔の番組を目的もなくパソコンで流していたのです。
そこで見つけたのはかつての人気番組「料理の鉄人」。
当時食い入るように見入っていた番組の一つだったのですが、あれから随分と月日は流れ、随分と懐かしい面々がゲストや料理人として登場してきます。
ただ古くて懐かしいだけならそれ以上興味は湧かないのですが、何を隠そう今私は料理に携わる仕事をしていて、当時以上に興奮しながら見てしまったのです。
その頃は別の仕事に就こうとしていてただ好きで観ていただけだったのです。
ところが今はリアルにその技術や作風に自分の仕事を照らし合わせてしまうのです。

ある友人はフレンチの仕事をしていて、フランスに修行に出向いて数年間有名なレストランで偉大なシェフたちのもとで働いてきました。
出演している料理人には友人の師匠だったシェフもいて、彼はこの人の下で働いていたんだなあと、ちょっと誇らしい気分とジェラシーに近い感情も湧いたりして。
今思うと革新的な番組の一つだったんですね。
今大御所と呼ばれる多くの料理人が番組の中で対決しているわけですから、それは貴重な1時間だったはずです。

時々職場で賄いを作ることがあります。
職場がおよそ10人なので知恵を絞って何品か作ります。
時間は1時間弱、そうです、だいたい番組と同じ時間制限なんですね。
昨日ついそんなことを考えながら賄いを作りました。
相手はいませんが勝手に想像で鴨肉対決が繰り広げられました。
賄いなんて手を抜こうと思えばどれだけでもできてしまうのですが、せっかくの機会なので自分なりに試作を兼ねた実験の時間と考えてやっています。
きっとみんながそんな妄想で賄いを作ったら、おそらく新しい発見がいろいろできるんじゃないでしょうか。
それが新しいメニューに繋がったり、十分ある話ですね。
やっぱりテレビって大事なツールなのだと改めて感じた夜だったのです。
また時間があれば他のも探してみたいですが、できれば今のテレビ局スタッフにもっともっと勉強になる番組を作って欲しいと思います。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

約20種類も栽培されているスイカの品種

日本では、約20品種のスイカが栽培され、販売されています。

【大玉スイカの品種と特徴】
一般的に購入されているスイカのほとんどが、シャリシャリとした食感が魅力の甘い約3~5kgの“大玉スイカ”です。 約7~9kgの“大玉スイカ”もあります。
「縞王」や「富士光」、「甘泉」、「祭ばやし」などの品種が“大玉スイカ”です。
名前に「縞」がつくほど外皮の縞模様が特徴的な「縞王」は、北海道から沖縄の全国各地で栽培されており、甘さを存分に味わえる11~12度の糖度があります。 赤色の柔らかな果肉は、多くの人たちに好まれています。
シャリシャリとした食感を存分に味わえる「富士光」は、日持ちがよく、カット販売されていることが多い品種です。 赤色の果肉の「富士光」は、糖度が12~13度あり、味だけではなくシャリシャリとした食感も、とても人気が高い品種です。
早生種「甘泉」の日持ちのよさは、農家だけではなく、消費者にとっても、「鮮度維持に特に優れたスイカ」として注目されています。 鮮やかな紅色をした果肉と、外皮のきれいな縞模様が特徴的な「甘泉」は、平均糖度が12度あり、スイカの中でもより甘さが楽しめる品種です。
約7kgある大玉の「祭ばやし」は、柔らかな果肉がびっしり詰まっていますが、簡単にカットすることができます。 「祭ばやし」は、シャリシャリとした食感と、十分な甘みがあることに加え、外皮の縞模様のバランスもよいため、自宅用のほか、贈答にも適した品種です。 また、皮の厚みが薄く、余すことなく美味しさを味わえます。

【小玉スイカの種類と特徴】
少人数の家庭でも、食べ切れるサイズの“小玉スイカ”は、需要が高く、早生種が多いため、スイカが待ち遠しい方にも人気があります。
奈良県の萩原農場で誕生した“小玉スイカ”の「ひとりじめ」は、手の平で持つことができ、名前のとおり独り占めできるほどの大きさです。 色鮮やかな紅色が魅力的な「ひとりじめ」は、十分な甘みや、“大玉スイカ”に引けを取らないほどのシャリシャリとした食感があります。 また、種も少なく、思いっきりかぶりつけます。
“小玉スイカ”の「姫甘泉」は、「絶品の美味しさ」と言われており、薄く硬い果皮によって、ちょっとした落下でも割れる心配がありません。 しかし、生育が困難な「姫甘泉」は、12度以上の糖度がある希少価値が高い品種です。 皮際まで美味しさが味わえる人気が高い品種です。

【黄色い果肉のスイカ】
スイカの果肉は赤いイメージがありますが、黄色い果肉の品種もあります。
「月のようなスイカを作りたい」と願っていた農家が、試行錯誤の末誕生させた黄色い果肉が特徴の「おつきさま」は、北海道の月形町で“クリームスイカ”として親しまれています。 外皮の縞模様がなく、真っ黒な「おつきさま」は、約11度の糖度があり、いくつでも食べられるほどのさっぱりとした味わいの美味しさがあります。 「おつきさま」のほかにも、黄色い果肉のスイカは、「おおとり」や「ひまわり」などの品種があります。

【ラグビーボールのような楕円形のスイカ】
「マダーボール」は、楕円形のラグビーボールのような形の約2~4kgの小玉スイカです。 皮が薄く甘みがあります。 「マダーボール」には、糖度12~13度の「姫まくら」や、7~8kgほどの大玉種の「紅まくら」、美味しさのひとつでもあるシャリシャリとした食感が堪能できる「黒美人」などがあります。

【珍しいスイカの品種】
このほか、「水田が良好な状態に転機する」という意味を込め、「田を助ける(田助)」に由来した外皮が真っ黒な「でんすけスイカ」があります。 「でんすけスイカ」は、最高額の65万円で落札されたことがある高級スイカとして知られています。 専用の生育箱で生育された四角形のスイカは、観賞目的や贈答用に人気があります。 黄色い外皮に由来し名づけられた、赤い果肉の「太陽スイカ」は、シャリシャリとした食感と、12度の糖度がある人気の品種です。
富山県入善町で生産されている「入善スイカ」は、約15~20㎏もある巨大なスイカです。 「種無しスイカ」は、食べ難さを解決するために誕生しました。 当初、「種無しスイカ」は、甘味がなく生産も困難でしたが、現在は通常のスイカと変わらないほどの甘さに改良され、贈答用に重宝しています。

【まとめ】
このように、スイカには、異なった味わいがある多くの品種があります。 初夏から真夏にかけて、スイカの美味しさを思う存分味わうだけではなく、味わったことがないスイカに出会い、美味しさを楽しみたいです。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

BSの映画がとても面白くて毎日の楽しみに

ほんの1年前まで、地上波のテレビを当たり前のようにしょっちゅう見ていました。
特にバラエティー番組や音楽番組などは、毎回楽しみに見ていました。
しかし最近では、朝のニュースや年末年始の特番くらいしか、地上波の番組を見なくなりました。

なぜかはわかりません。

私の波長と、地上波の波長が合わなくなったのかなと考えていましたが、私の周囲の人たちも「最近、テレビはあまり見なくなった」と言う声をよく聞くのです。
そのかわり、BSの衛星放送をよく見るようになりました。
ディーライフと言うチャンネルは、最新の海外ドラマを朝から晩まで放送しています。
BSのNHKプレミアムやフジ、日テレなども、週に何度か面白い映画を放送してくれるのです。

しかも、無料で見られるのですから、とてもありがたいです。
少し前には、タイタニックを放送していて、見てみたらものすごく面白くて、しかもレオナルドディカプリオが素晴らしくかっこよくて感動してしまいました。
他にも実話に基づく戦争映画や、有名な俳優が出演しているおしゃれな映画など、サービス精神旺盛に放送してくれるので、楽しくて仕方がありません。
この前見た最強の2人と言う映画は、はじめはなんとなく見ていたのですが、いつの間にか惹きこまれ、感動し、大好きな映画の1つとなりました。
この映画は実話を基にした、ある2人を描いたフランス映画です。

2時間の間に爆笑したり、胸が熱くなったり、優しい気持ちにさせられたりと素晴らしいの一言に尽きる映画でした。
たまたま見た映画が大好きな映画になると言うのは、私にとって大好きな人ができるということにとても似ています。
今日はあの人に会えるから朝からワクワクする、あの人がいるから私も頑張ろう、素晴らしい映画との出会いは私に活力を与えてくれます。

冷えた体が内側からぼうっと温まるような、何物にも変えがたい気持ちをもたらしてくれる、贈り物のようです。
スターチャンネルは基本的に有料なので、家では見れませんが、土曜日と日曜日の21時からは無料で見られます。
毎週、地上波では見られないような映画を見せてくれるので、土日の楽しみの一つになっています。

映画だけではなく、BSでは鈴鹿8耐やル・マンなどのレース番組や、ハワイや沖縄などに生息する生き物についての番組なども放送しています。
懐かしいテレビドラマシリーズなんかも放送していて、とても幅広く、どれもとても面白いですから気になる方は見てみてください。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

Unityでパソコンゲームを作っている

私はUnityというソフトウェアを毎日触っています。

Unityは元々は3Dゲーム開発のためにものでしたが、今は2DゲームはもちろんVR、映像、あと実務的なソフトウェアのUIもこなすとても便利な存在になりました。そんなUnityを私が使うのは3Dのパソコンゲームを作るためで、そのゲームでお金を得られたらいいなと思っています。まずは無料公開し反応を見ながら改良していずれSteamという世界一のパソコンゲームのプラットフォームで販売することが目標です。

そこではゲーム会社のハイクオリティーなゲームが日々売られているため私のような個人制作で儲けを出すのは大変だと思いますが、個人制作であるがゆえにできること、小回りの利いたことなどを駆使して儲けてやろうと考えています。
現在はまだ無料公開できるレベルでさえなく、主人公と仲間のキャラクターを動かし、その仲間のキャラクターに指示を出すことしかできません。

これから主人公と仲間、敵にHPを設定し攻撃によってそれらが増減するようにもしないといけませんし、敵の出現や消失、ゲームオーバーやマップのデザインなどやることがたくさんあって大変なのでした。とてもすぐに公開できるレベルまで持って行けませんが、今年中にきちんと形にして発表したいと思っています。

そしてこのUnityですが、Rigidbodyというシステムがあり、そのおかげで物理計算をこちらでしなくても重量を生み出してくれるのが便利です。それがないと単に落ちるだけのところでも複雑な計算をしなくてはいけません。

あとメカニムというシステムがあり、それはアニメーションを管理したりHumanoidのアニメーションを同じHumanoidのオブジェクトなら使えるようにしてくれるのが便利です。

そしてUnityで忘れてはいけないのはアセットストアの存在で、それはゲームの素材を売買できるネットショップのようなサービスで、無料のオブジェクト、SE、アニメーション、環境構築ツールなどもあります。その無料で使えるものだけでもそれなりのゲームが作れて便利なのですが、もちろん有料だともっと凄いものが作れるので少しずつ買い集めています。

あといずれは私もそこで素材を販売したいと思っており、現在は3DCGのソフトウェアでコツコツとオブジェクトを作っているのでした。それもまだまだ時間がかかりそうなのでせめて今年中にはゲームとアセット、どちらも発表したいと思っています。

プランテルを使ってみた

カテゴリー: 未分類 | コメントする

ねこのにおいを嗅ぎたい

この世で一番かわいい動物は猫だと思う。どこをとっても素晴らしくかわいい。

たとえば、顔。大きな瞳。額から筋がのび、先にはバランス良く穴があいている鼻。鼻に生えている毛並みにも是非注目したい。控えめな長さの毛が上向きだったり下向きだったり、計算し尽くされて生えている。かわいい。そして耳。大きかったり、小ぶりだったりするがどのこの耳も動く。真面目な顔をしながら、眠りながら、ぴこぴこ動く。触ったらいやそうにする。嫌がる姿も最高にかわいい。この他にも、注目してみれば意外と存在感のある唇だったり、よくわからないところにひげが生えていたり、顎の骨だったり、歯だったり、顎だったり、ひとくちに顔がかわいいと言っただけでもかわいいところがありすぎて書き切れないくらいである。

かわいすぎる猫のことについて、私が最近とってもすきでしあわせになるものについて書こうと思う。今回はねこのにおいについて書きたい。私がこの幸福さについて気がついたのはごくごく最近、2ヶ月ほど前。久しぶりに猫を飼ったことがきっかけである。このねことの出会いは偶然で、たまたま立ち寄った施設で出会った。初対面の素性の知れないねこだった。成猫で色が私好み、去勢済みの雄。情報はそのくらい。シャーシャーしているので顔がかわいいのかもよくわからない。でもわたしはそのねこと一緒に暮らすことにした。

素性の知れないねこは最初は得体の知れないよくわからない匂いだった。お香のような、土っぽいような。人の家にお邪魔して、そのときは特に何も思わないけれど自分にとってはクリーンな空気につつまれた自分の家に帰ってきたときに妙に気になる、あんな匂い。ねこは人なつこく、あんなにシャーシャーしていたのが嘘のように初日から私の枕をベッドにして寝た。私もちょっと鼻につく匂いを気にしつつ安心して寝た。

ねこは数日気になる匂いを放っていたと思うが、ある日からそれが全く気にならなくなった。嫌がってストレスになるといけないと思い風呂には入れていない。ねこの皮膚に直接鼻を付けてクンクンすると、ちょっとあまーいような、ちょっとこもったような、なんとも言えない匂いがする。例えるならば、赤ちゃんの匂い、というような物だろうか。多幸感に満ちあふれる匂い。くんくんくんくんくんくんくん、どれだけ嗅いでも嗅ぎたりない。かわいい。かわいすぎる。

猫は頭をこすりつけて自分の匂いをつけ、縄張りを主張する。わがままなで自分勝手なイメージのある猫だが、実は猫はそのときの環境に自身の体臭まで合わせて生きことのできる、とってもいじらしいやつなのではないかと私は気づいた。きっと前の家ではあの匂いが愛されるべく匂いであったに違いない。こんどは私に愛される匂いになったねこ。疲れた週の真ん中は、一刻も早く帰ってねこの匂いに埋もれながら眠りたい。

カテゴリー: 未分類 | コメントする